財布修理は業者に依頼!実績を重視して選ぼう

定期メンテナンスも業者におまかせ

財布を大切に扱う上では定期メンテナンスが重要になります。自分で行うこともできますが、業者に依頼して定期的に行ってもらうと完璧な形で仕上げてもらうことが可能です。

革の財布をメンテナンスに出すときのポイント4つ

革製品を扱うプロ業者を選定

修理を依頼するときにはまず革製品を専門に扱っている業者を選定します。プロとして革の財布を扱ってくれる業者に依頼すると完成度について安心することが可能です。

見積もりを取って比較

業者をいくつか見つけることができたら見積もりを取って比較することが肝心です。業者によって費用も納期も異なるので比較して良い業者を選ぶのが重要になります。

予め簡単に掃除しておく

財布を修理に出す前には必ず掃除をしておくことが大切です。それの見栄えによって見積もり費用が変化する場合があるだけでなく、簡単な掃除を業者がしたことで費用が上がることがあります。

実績のある業者を優先して選ぶ

業者を最終的に決めるときには実績を優先することも重要です。同じ種類の財布を修理した実績がある場合には同じような仕上がりを期待することができます。

財布修理は業者に依頼!実績を重視して選ぼう

財布

プロの業者が使用する道具

プロの業者に依頼するとどんな道具を使うのかが気にかかることがありますが、基本的にはそれほど特殊なものは使用していません。一般的な針や糸などの裁縫用具、ミシンなどに加えて、ニッパーを細かな部分で糸を切断するのによく使用しています。革や糸については上等なものを選んで修理する財布に使われているのと同じものに揃えているのが一般的です。

傷や色あせもカバーできる

生地の破れやほつれなどの補修を行うだけでなく、財布についてしまった小さな傷や水濡れなどが原因の染み、経年による色あせなどにも対応してくれるのが修理業者です。キズ消しを使うなどの工夫でうまく多様な状態の財布に対して適切な処置を行ってくれます。希望している完成品がどのようなものかを伝えるとほとんどの問題をカバーしてもらうことが可能です。

広告募集中